Presentations

Update 2017/2/2


2017
日本化学会第97春季年会 (3月16〜19日、慶応義塾大学 日吉キャンパス)

2A2-10「混合配位子触媒による高選択的直接的アリール化重合:1,2-ジチエニルエテン含有DAポリマーの合成」
山下菜摘・脇岡正幸・小澤文幸

3F8-42「ESIPT蛍光団を主鎖骨格にもつ近赤外発光π共役高分子の合成」
鈴木直弥・脇岡正幸・小澤文幸・山口茂弘

3G2-54「混合配位子触媒による高選択的直接的アリール化重合:2,2’-ビチオフェン含有DAポリマーの合成」
森田葉月・脇岡正幸・小澤文幸

4G2-08「平面四角形構造をもつPNPピンサー型ホスファアルケン白金(0)錯体」
田口廣臣・谷川一平・竹内勝彦・松尾 司・田中宏昌・吉澤一成・小澤文幸

4G2-19「PNPピンサー型ホスファアルケン配位子を有するT字形カチオン性銅錯体の合成とCO2還元触媒への応用」
田中裕人・竹内勝彦・小澤文幸


統合物質創製化学研究推進機構 第2回国内シンポジウム「統合物質創製を目指す融合研究」 (1月26日〜1月27日、北海道大学創成科学研究棟)

「直接的アリール化重合ーπ共役系高分子の新簡便合成法」
脇岡正幸

2016
The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016) (December 13-16, 2016, Fukuoka)

15B16 "Mixed-Ligand Approach to Palladium-Catalyzed Direct Arylation Polymerization"
Masayuki Wakioka, Eisuke Iizuka, Rina Takahashi, Fumiyuki Ozawa


第116回化学研究所研究発表会 (12月2日、京都大学化学研究所)

「直接的アリール化重合:π共役系高分子の新簡便合成法」
脇岡正幸・小澤文幸


The 17th Korea-Japan Joint Symposium on Organometallic and Coordination Chemistry (November 3-5, 2016, Busan, Korea)

“Palladium-Catalyzed Direct Arylation Polymerization (DArP)" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa


化学技術基礎講座「製品開発に必要な有機合成化学の基礎」 (10月7日、日本化学会化学会館)

「有機金属化学の基礎とクロスカップリング反応」(依頼講演)
小澤文幸


第63回有機金属化学討論会 (9月14〜16日、早稲田大学西早稲田キャンパス)

P2-19「10族金属PNPピンサー型ホスファアルケン錯体:金属による配位構造の著しい変化」
田口廣臣・谷川一平・竹内勝彦・辻本祥太・松尾 司・小澤文幸

P3-15「混合配位子系触媒による高選択的直接的アリール化重合:ジケトピロロピロール含有ポリマーの合成」
高橋里奈・脇岡正幸・小澤文幸


第86回高分子若手研究会[関西] (8月6〜7日、あうる京北)

「パラジウム触媒直接的アリール化重合:π共役系高分子の簡便合成法」(招待講演)
脇岡正幸


The 27th International Conference on Organometallic Chemistry (July 17-22, Melbourne, Australia)

"Palladium-catalysed Direct Arylation Polymerization: A Simple Yet Highly Efficient Method of Synthesizing π-conjugated Polymers" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa


20th International Symposium on Homogeneous Catalysis (ISHC20) (July 10-15, Kyoto, Japan)

1P-110 ”Synthesis of Ir(I) and Rh(I) complexes bearing a noninnocent PNP-pincer type phosphaalkene ligand (Eind-PPEP) and their application for catalytic hydrosilylation of CO2"
Hiro-omi Taguchi, Katsuhiko Takeuchi, Daichi Sasaki, Shota Tsujimoto, Tsukasa Matsuo and Fumiyuki Ozawa
Poster Prize ISHC20

2P-011 ”Mixed-Ligand Approach to Palladium-Catalyzed Direct Arylation Polymerization: Effective Prevention of Structural Defects"
Masayuki Wakioka, Eisuke Iizuka, Rina Takahashi and Fumiyuki Ozawa


洛北サイエンス (6月28日、京都府立洛北高等学校附属中学校)

「私たちの生活と触媒」(依頼講演)
小澤文幸・脇岡正幸・竹内勝彦


第43回有機金属化学セミナー (6月3日、キャンパスプラザ京都)

「トピックス:直接的アリール化重合:π共役系高分子の新合成法」(依頼講演)
小澤文幸


第11回有機元素化学セミナー (6月3〜4日、京都大学化学研究所)

「ノンイノセントPNP ピンサー型ホスファアルケン錯体を触媒としたCO2のヒドロシリル化反応」(依頼講演)
竹内勝彦


第5回JACI/GSCシンポジウム (6月2〜3日、ANAクラウンプラザホテル神戸)

A-71「ノンイノセントPNPピンサー型ホスファアルケンイリジウム(I)錯体によるCO2の触媒的ヒドロシリル化反応」
田口廣臣・竹内勝彦・田中宏昌・吉澤一成・小澤文幸 (ポスター賞受賞)

C-30「混合配位子触媒系による高選択的直接的アリール化重合」
高橋里奈・飯塚英祐・脇岡正幸・小澤文幸


第65回高分子学会年次大会 (5月25〜27日、神戸国際会議場)

1D26「混合配位子系触媒による高選択的直接的アリール化重合」
脇岡正幸・飯塚英祐・高橋里奈・小澤文幸


感応性化学種が拓く新物質科学 第5回公開シンポジウム(合同開催:新学術領域研究「元素ブロック」第8回公開シンポジウム) (5月19日、東広島芸術文化ホール)

「直接的アリール化重合:π共役系高分子の新合成法」(招待講演)
小澤文幸


The 70th FUJIHARA Seminar: International Symposium on New Development of Physical Organic Chemistry: Construction of Chemical Principles Determining Structures, Reactions, and Properties (April 17-21, THE LUIGANS Spa & Resort, Fukuoka, Japan)

3-6-1 "Palladium-Catalyzed Direct Arylation Polymerization (DArP) To Give π-Conjugated Polymers: Scope and Mechanism" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa, Masayuki Wakioka


日本化学会第96春季年会 (3月24〜27日、同志社大学 京田辺キャンパス)

2E5-35「混合配位子触媒系による高選択的直接的アリール化重合: ホモカップリング機構の解明と制御」
飯塚英祐・脇岡正幸・小澤文幸

2E5-43「新規PNPピンサー型ホスファアルケン配位子Eind2-BPEPの合成と10族金属錯体への適用」
谷川一平・田口廣臣・竹内勝彦・辻本祥太・松尾 司・小澤文幸

3B5-13「直接的アリール化重合によるチアゾロチアゾール含有DAポリマーの合成」
脇岡正幸・石木聡・小澤文幸

3B5-14「混合配位子触媒系による直接的アリール化重合:ジケトピロロピロール含有DAポリマーの合成」
高橋里奈・脇岡正幸・小澤文幸

3D6-30「ノンイノセントPNPピンサー型ホスファアルケン配位子Eind-PPEPの合成と鉄および銅錯体への適用」
佐々木大智・田中裕人・田口廣臣・竹内勝彦・辻本祥太・松尾 司・小澤文幸

2015
Pacifichem2015 (December 15-20, Honolulu, Hawaii, USA)

INOR 347 "Remarkable ligand effect of P(2-MeOC6H4)3 on palladium-catalyzed direct arylation"
Masayuki Wakioka, Yuki Nakamura, Montgomery Michelle and Fumiyuki Ozawa

INOR 649 "Mixed ligand approach to palladium-catalyzed direct arylation polymerization (DArP): Synthesis of DA polymers with diketopyrropyrrole units"
Rina Takahashi, Eisuke Iizuka, Masayuki Wakioka and Fumiyuki Ozawa

INOR 654 "Mixed ligand approach to palladium-catalyzed direct arylation polymerization (DArP): Synthesis of DA polymers with dithienosilole units"
Eisuke Iizuka, Masayuki Wakioka and Fumiyuki Ozawa

INOR 1436 "Non-innocent PNP-pincer type phosphaalkene ligands: A powerful tool for metal-ligand cooperative activation of inert molecules" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa

INOR 1567 "Reduction behavior of Fe(I) complexes bearing a PNP-pincer type phosphaalkene ligand" (招待講演)
Yumiko Nakajima, Ya-Fan Lin, Nobuko Ichihara and Fumiyuki Ozawa

INOR 1569 "Catalytic hydrosilylation of CO2 using an iridium(I) complex bearing unsymmetrical PNP-pincer type phosphaalkene ligands"
Yung-Hung Chang, Katsuhiko Takeuchi and Fumiyuki Ozawa

INOR 1923 "Unsymmetrical PNP-pincer type phosphaalkene ligands with Rind groups: Synthesis and application to rhodium(I) and iridium(I) complexes"
Hiro-omi Taguchi, Daichi Sasaki, Yung-Hung Chang, Katsuhiko Takeuchi, Shota Tsujimoto, Tsukasa Matsuo and Fumiyuki Ozawa


第115回化学研究所研究発表会 (12月11日、京都大学化学研究所)

「混合配位子触媒系による高選択的直接的アリール化重合の開発」
飯塚英祐・脇岡正幸・小澤文幸

「ノンイノセントPNPピンサー型ホスファアルケン配位子Eind-PPEPを有する遷移金属錯体の合成と反応」
田口廣臣・佐々木大智・張 永宏・竹内勝彦・辻本祥太・松尾 司・田中宏昌・吉澤一成・小澤文幸


1st International Symposium of Institute for Catalysis - Global Collaboration in Catalysis Science toward Sustainable Society (October 13-15, 2015, Sapporo)

“Palladium‐Catalyzed Direct Arylation Polymerization (DArP): A Novel Synthetic Method of π‐Conjugated Polymers" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa


化学技術基礎講座「製品開発に必要な有機合成化学の基礎」 (10月9日、日本化学会化学会館)

「有機金属化学の基礎とクロスカップリング反応」(依頼講演)
小澤文幸


第116回触媒討論会 (9月16〜18日、三重大学)

2C21「ノンイノセント PNP ピンサー型ホスファアルケン配位子 Rind-PPEPの合成と触媒反応への応用」
佐々木大智・田口廣臣・竹内勝彦・辻本祥太・松尾 司・小澤文幸

3C16「混合配位子触媒系による直接的アリール化重合−D-A型π共役系高分子の選択的合成」
飯塚英祐・高橋里奈・脇岡正幸・小澤文幸


第62回有機金属化学討論会 (9月7〜9日、関西大学千里山キャンパス)

P3-36「ノンイノセント PNP ピンサー型ホスファアルケン配位子 Rind-PPEP を有する遷移金属錯体の合成、構造および反応性」
田口廣臣・佐々木大智 ・竹内勝彦・辻本祥太・松尾 司・小澤文幸

P3-80「パラジウム触媒直接的アリール化重合によるチアゾロチアゾール含有 DA ポリマーの合成」
脇岡正幸・石木 聡・小澤文幸


洛北サイエンス (6月30日、京都府立洛北高等学校附属中学校)

「私たちの生活と触媒」(依頼講演)
小澤文幸・脇岡正幸・竹内勝彦


日本化学会第95春季年会 (3月26〜29日、日本大学船橋キャンパス)

2F3-46「混合配位子系による直接的アリール化重合:高選択性発現機構」
飯塚英祐・脇岡正幸・小澤文幸

2F3-47「直接的アリール化重合によるジケトピロロピロール含有DA型π共役系高分子の合成」
高橋里奈・脇岡正幸・小澤文幸

3F3-32「Rind基を有する非対称PNPピンサー型ホスファアルケン配位子の合成とロジウムおよびイリジウム錯体への適用」
田口廣臣・佐々木大智・張 永宏・竹内勝彦・辻本祥太・松尾 司・小澤文幸

2014
第114回化学研究所研究発表会 (12月11日、京都大学化学研究所)

「直接的アリール化重合によるジチエノシロール含有D-A型ポリマーの合成」
飯塚英祐・脇岡正幸・小澤文幸

「PNPピンサー型ホスファアルケンイリジウム錯体を用いる二酸化炭素の触媒的ヒドロシリル化反応と応用」
張 永宏・竹内勝彦・小澤文幸

「直接的アリール化重合によるπ共役系高分子の一次構造制御合成法の開発:実験・理論の融合型アプローチ」
脇岡正幸

「Synthesis and Applications of Non-Innocent PNP-Pincer Type Phosphaalkene Ligands」
竹内勝彦


The 16th Korea-Japan Joint Symposium on Organometallic and Coordination Chemistry (October 23-24, 2014, Sendai)

“Synthesis and Reactions of PNP-Pincer Type Phosphaalkene Complexes of Iridium(I): A Remarkable Enhancement of Reactivity by a P=C Double Bond" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa


第18回ケイ素化学協会シンポジウム (10月17日〜18日、ラフォーレ那須)

P45「PNPピンサー型ホスファアルケンイリジウム錯体を用いる二酸化炭素の触媒的ヒドロシリル化反応」
張 永宏・竹内勝彦・小澤文幸


化学技術基礎講座「製品開発に必要な有機合成化学の基礎」 (10月10日、日本化学会化学会館)

「有機金属化学の基礎とクロスカップリング反応」(依頼講演)
小澤文幸


第113回触媒討論会 (9月25〜27日、広島大学東広島キャンパス)

3E04「P(C6H4-o-OMe)3配位子を用いるパラジウム触媒直接的アリール化反応」
脇岡正幸・市原暢子・竹谷知祥・小澤文幸

3E05「パラジウム触媒直接的アリール化反応-P(C6H4-o-OMe)3の特異な配位子効果-」
中村友紀・脇岡正幸・小澤文幸


第61回有機金属化学討論会 (9月23〜25日、九州大学病院キャンパス)

O1-05「2-ブロモ-3-ヘキシルチオフェンのパラジウム触媒直接的アリール化重合における特異な重合挙動」
脇岡正幸・竹谷知祥・飯塚英祐・中村友紀・後藤 淳・小澤文幸

P2C-23「ピンサー型ホスファアルケンイリジウム錯体を用いる二酸化炭素の触媒的ヒドロシリル化反応」
張 永宏・竹内勝彦・小澤文幸

P3C-19「直接的アリール化重合によるジチエノシロール含有D-A型π共役系高分子の合成」
飯塚英祐・脇岡正幸・小澤文幸 (ポスター賞受賞)


第64回錯体化学討論会 (9月18〜20日、中央大学後楽園キャンパス)

1D-07「非対称性PNPピンサー型ホスファアルケン配位子を含む遷移金属錯体の合成と反応」
田口廣臣・張 永宏・竹内勝彦・小澤文幸

2D-06「PNPピンサー型ホスファアルケンイリジウム錯体を用いるアミンの触媒的N-アルキル化反応」
谷川一平・張 永宏・竹内勝彦・小澤文幸


The 26th International Conference on Organometallic Chemistry (July 13-18, Sapporo)

2D10 "PNP-Pincer Type Phosphaalkene Complexes of Iridium: A Remarkable Enhancement of Reactivity by a P=C Double Bond"
Fumiyuki Ozawa, Yung-Hung Chang, Yumiko Nakajima, Hiromasa Tanaka, and Kazunari Yoshizawa

1P061 "Synthesis, Structures, and Reactions of Nickel Complexes with a PN-Chelate Phosphaalkene Ligand"
Katsuhiko Takeuchi, Ataru Minami, Yumiko Nakajima, and Fumiyuki Ozawa

1P143 "Ligand Effects on Direct Arylation of Heteroarenes with Isolated Arylpalladium Complexes"
Yuki Nakamura, Yoshihiro Hihara, Masayuki Wakioka, Fumiyuki Ozawa, and Shigeyoshi Sakaki

1P149 "A Highly Efficient Catalyst for the Synthesis of Alternating Copolymers with Thieno[3,4-c]pyrrole-4,6-dione Units via Direct Arylation Polymerization"
Masayuki Wakioka, Yutaro Kitano, Nobuko Ichihara, and Fumiyuki Ozawa

3P053 "C-H Bond Cleavage of Acetonitrile by Iridium Complexes Bearing a Noninnocent PNP-Pincer Type Phosphaalkene Ligand"
Yung-Hung Chang and Fumiyuki Ozawaa

3P058 "Catalytic Synthesis of an Unsymmetrical PNP-Pincer Type Phosphaalkene Ligand"
Hiro-omi Taguchi, Katsuhiro Takeuchi, and Fumiyuki Ozawa


The 4th International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis & ICOMC 2014 Pre-symposium in Kyoto “Synthetic Approaches to New Chemical Functions” (July 10-11, Uji Obaku Plaza, Kyoto University)

"A Highly Efficient Catalyst for the Synthesis of Alternating Copolymers with Thieno[3,4-c]pyrrole-4,6-dione Units via Direct Arylation"
Masayuki Wakioka, Yutaro Kitano, Yuki Nakamura, Nobuko Ichihara, and Fumiyuki Ozawa

"Synthesis of Dithienosilole-based Copolymers via Direct Arylation Polymerization"
Eisuke Iizuka, Masayuki Wakioka, and Fumiyuki Ozawa

"Catalytic Synthesis of an Unsymmetrical PNP-Pincer Type Phosphaalkene Ligand"
Hiro-omi Taguchi, Katsuhiro Takeuchi, and Fumiyuki Ozawa

"C-H Bond Cleavage of Acetonitrile by Iridium Complexes Bearing a Noninnocent PNP-Pincer Type Phosphaalkene Ligand"
Yung-Hung Chang and Fumiyuki Ozawaa

"Synthesis, Structures, and Reactions of Nickel Complexes with a PN-Chelate Phosphaalkene Ligand"
Katsuhiko Takeuchi, Ataru Minami, Yumiko Nakajima, and Fumiyuki Ozawa


2nd International Symposium on C-H Activation (June 30-July 3, Rennes, France)

SL21 "A Highly Efficient Catalyst for the Synthesis of Alternating Copolymers with Thieno[3,4-c]pyrrole-4,6-dione Units via Direct Arylation Polymerization"
Masayuki Wakioka, Yutaro Kitano, Eisuke Iiduka, Nobuko Ichihara, and Fumiyuki Ozawa


The 20th International Congress on Phosphorus Chemistry (June 28-July 2, Dublin, Ireland)

"PNP-Pincer Type Phosphaalkene Complexes of Ir(I): A Remarkable Enhancement of Reactivity by a P=C Bond" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa

"Synthesis, Structures and Reactions of Nickel Complexes with a PN-Chelate Phosphaalkene Ligand"
Katsuhiko Takeuchi, Ataru Minami, Yumiko Nakajima, and Fumiyuki Ozawa


第63回高分子学会年次大会 (5月28〜30日、名古屋国際会議場)

3F14「高活性パラジウム触媒によるチエノピロールジオン類の直接的アリール化重合」
脇岡正幸・市原暢子・北野裕太郎・飯塚英祐・小澤文幸


日本化学会第94春季年会 (3月27〜30日、名古屋大学東山キャンパス)

2C1-34「PNPピンサー型ホスファアルケンイリジウム(I)錯体によるC-H結合切断」
張 永宏・小澤文幸

3C1-49「非対称PNPピンサー型ホスファアルケン配位子の触媒的合成」
田口廣臣・竹内勝彦・小澤文幸

4F4-06「直接的アリール化重合によるジチエノシロール共重合体の合成」
飯塚英祐・脇岡正幸・小澤文幸

4F4-08「パラジウム直接的アリール化反応におけるP(2-MeOC6H4)3の特異な配位子効果」
中村友紀・竹谷知祥・脇岡正幸・小澤文幸


The 3rd International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis “Synergy of Theory and Molecular Transformation” (January 10-11, Kyushu)

"A Highly Efficient Catalyst for the Synthesis of Alternating Copolymers with Thieno[3,4-c]pyrrole-4,6-dione Units via Direct Arylation Polymerization"
Masayuki Wakioka, Yutaro Kitano, and Fumiyuki Ozawa

"Ligand Effects on Direct Arylation of 2-Methylthiophene with Isolated Arylpalladium Complexes"
Yuki Nakamura, Yoshihiro Hihara, Masayuki Wakioka, and Fumiyuki Ozawa

2013
第113回化学研究所研究発表会 (12月13日、京都大学宇治おうばくプラザ)

「交互共重合体合成のための高活性直接的アリール化重合触媒の開発」
脇岡正幸・市原暢子・北野裕太郎・小澤文幸


第9回有機元素化学セミナー (11月29〜30日、京都大学化学研究所)

「アリールパラジウム錯体によるヘテロアレーン類の直接的アリール化」(依頼講演)
脇岡正幸


第63回錯体化学討論会 (11月2〜4日、琉球大学千原キャンパス)

2D-09「アリールパラジウムアセテート錯体による2-メチルチオフェンの直接的アリール化:補助配位子の効果」
中村友紀・日原由博・脇岡正幸・小澤文幸・榊 茂好

2D-19「ホスファエテニルピリジン配位子を有するアルキルニッケル錯体の構造と反応」
南 任・中島裕美子・小澤文幸


化学技術基礎講座「製品開発に必要な有機合成化学の基礎」 (10月11日、日本化学会化学会館)

「遷移金属触媒を用いる効率的な炭素−炭素結合形成」(依頼講演)
小澤文幸


第1回触媒化学融合研究センター講演会 (10月10日、産業技術総合研究所)

「パラジウム触媒直接的アリール化重合:π共役系高分子の新合成法」(招待講演)
小澤文幸


第112回触媒討論会 (9月18〜20日、秋田大学)

3I09「高活性パラジウム触媒を用いるチオフェン類の直接的アリール化重合」
脇岡正幸・北野裕太郎・市原暢子・小澤文幸

3I14「PNPピンサー型ホスファアルケン配位子を有するイリジウム(I)錯体の合成と反応」
小澤文幸・張 永宏・中島裕美子


第60回有機金属化学討論会 (9月12〜14日、学習院大学)

O1-11「ノンイノセントPNPピンサー型ホスファアルケン配位子を有するイリジウム(I)錯体によるアンモニアのN-H結合切断反応」
張 永宏・中島裕美子・小澤文幸

P3B-03「交互共重合体合成のための高活性直接的アリール化重合触媒の開発」
脇岡正幸・市原暢子・北野裕太郎・小澤文幸


第62回高分子討論会 (9月11〜13日、金沢大学角間キャンパス)

3F01「パラジウム触媒直接的アリール化重合:π共役系高分子の新合成法」
脇岡正幸・小澤文幸

3Pb018「2-ブロモ-3-ヘキシルチオフェンの直接的アリール化重合:特異な重合挙動」
竹谷知祥・飯塚英祐・脇岡正幸・小澤文幸


有機合成夏期セミナー 明日の有機合成化学 (9月2〜3日、大阪科学技術センター)

「直接的アリール化重合,その現状と可能性」(招待講演)
小澤文幸


44th World Chemistry Congress (IUPAC2013) (August 11-16, Istanbul, Turkey)

"Catalytic Direct Arylation Polymerization: Scope and Mechanism" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa


The Sixteenth International Symposium on Relations between Homogeneous and Heterogeneous Catalysis (ISHHC-16) 4-9 August, Sapporo)

"Factors controlling the reactivity in direct arylation of heteroarenes with isolated arylpalladium complexes"
Yuki Nakamura, Yoshihiro Hihara, Masayuki Wakioka, Fumiyuki Ozawa, and Shigeyoshi Sakaki

"A highly efficient catalytic system for polycondensation of 2,7-dibromo-9,9-dioctylfluorene and 1,2,4,5-tetrafluorobenzene via direct arylation"
Masayuki Wakioka, Yutaro Kitano, and Fumiyuki Ozawa

"N-H bond cleavage of amines by iridium(I) complexes with non-innocent PNP pincer-type phosphaalkene ligands"
Yung-Hung Chang, Yumiko Nakajima, and Fumiyuki Ozawa


文部科学省 特別経費「統合物質創製化学推進事業」第4回若手研究会 (6月28〜29日、名古屋クラウンホテル)

「直接的アリール化重合:π共役系高分子の新合成法」
脇岡正幸・小澤文幸


第40回有機金属化学セミナー (6月14日、キャンパスプラザ京都)

「講習会:有機合成に使える触媒反応:オレフィンメタセシス反応」(依頼講演)
小澤文幸


日本化学会第93春季年会 (3月22〜25日、立命館大学・びわこくさつキャンパス)

1B6-32「パラジウム触媒によるジブロモフルオレンとテトラフルオロベンゼンの交互共重合: 高活性直接的アリール化重合触媒の開発」
脇岡正幸・北野裕太郎・小澤文幸

1B6-33「高活性パラジウム触媒によるチオフェン類の直接的アリール化重合」
脇岡正幸・北野裕太郎・小澤文幸

1S1-10「ホスファアルケン系配位子を持つ鉄錯体を触媒とする二酸化炭素の高効率光還元反応」
中島裕美子

1B6-44「メシチル[ビス(ホスファエテニル)ピリジン]鉄(I)錯体上での鉄-リン原子間アリール基転移反応」
林 雅凡・中島裕美子・小澤文幸

2B6-37「ノンイノセントPNPピンサー型ホスファアルケン配位子を有するイリジウム(I)錯体の合成と反応」
張 永宏・中島裕美子・小澤文幸

3B6-09「2-ブロモ-3-ヘキシルチオフェンの直接的アリール化重合に及ぼす特異な配位子効果」
竹谷知祥・脇岡正幸・小澤文幸

3B6-26「アリールパラジウムアセテート錯体による2-メチルチオフェンの直接的アリール化反応における速度論的同位体効果」
中村友紀・日原由博・脇岡正幸・小澤文幸・榊 茂好

3B6-27「アリールパラジウムアセテート錯体によるベンゾチアゾールの直接的アリール化反応機構」
中村友紀・日原由博・脇岡正幸・小澤文幸・榊 茂好


分子科学研究所研究会「金属錯体機能の根源を探る〜分子構造とその変化様式の探求最前線」(3月13日、分子科学研究所)

「ホスファアルケン配位錯体の構造と反応」(招待講演)
小澤文幸

2012
The 2nd International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis “Molecular Functions in Complex Systems” (December 10-11, Nagoya)

"Highly Efficient Catalysts for Dehydrohalogenative Polycondensation of Aryl Bromides to give π-Conjugated Polymers" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa

"N-alkylation of Amines with Alcohols Catalyzed by Bis(phosphaethenyl)pyridine Iridium and Ruthenium Complexes"
Yumiko Nakajima, Yung-Hung Chang, Yuki Okamoto, and Fumiyuki Ozawa

"Reactions of Bis(phosphaethenyl)pyridine Fe(I) Complexes with π-Acid Ligands"
Ya-Fan Lin, Yumiko Nakajima, and Fumiyuki Ozawa

"Direct Arylation of Heteroarenes with Isolated Arylpalladium Complexes"
Masayuki Wakioka, Yuki Nakamura, and Fumiyuki Ozawa


第112回化学研究所研究発表会 (12月7日、京都大学宇治おうばくプラザ)

「パラジウム触媒直接的アリール化反応によるπ共役系高分子の新合成法」
脇岡正幸・北野裕太郎・竹谷知祥・中村友紀・日原由博・小澤文幸

「低配位リン配位子を有する3d金属錯体の合成と性質」
中島裕美子・林 雅凡・南 任・小澤 文幸


International Symposium on Organometallic Chemistry (ISOMC) 2012 (November 1-3, Seoul, Korea)

"Highly Efficient Catalysts for Dehydrohalogenative Polycondensation of Aryl Bromides to give π-Conjugated Polymers" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa


近畿化学協会有機金属部会・第3回例会 (10月26日、広島大学)

「パラジウム触媒直接的アリール化反応を用いたπ共役系高分子の新合成法」(招待講演)
小澤文幸


第110回触媒討論会 (9月24〜26日、九州大学伊都キャンパス)

1S15「C-H結合アリール化触媒反応を基軸とするπ共役系高分子の新合成法」(特別講演)
小澤文幸

3E02「ビス(ホスファエテニル)ピリジン配位子を有するイリジウム(I)触媒を用いたアルコールによるアミン類のN-アルキル化」
張 永宏・中島裕美子・小澤文幸


化学技術基礎講座「製品開発に必要な有機合成化学の基礎」 (9月21日、日本化学会化学会館)

「遷移金属触媒を用いる効率的な炭素−炭素結合形成」(依頼講演)
小澤文幸


第62回錯体化学討論会 (9月21〜23日、富山大学五福キャンパス)

1Ba-04「ホスファエテニルピリジン配位子を有するニッケル錯体の合成と構造」
南 任・中島裕美子・小澤文幸

2D-19「ビス(ホスファエテニル)ピリジンイリジウムおよびルテニウム錯体を触媒とするアルコールによるアミン類のN-アルキル化反応」
中島裕美子・張 永宏・岡本雄樹・小澤文幸


第59回有機金属化学討論会 (9月13〜15日、大阪大学吹田キャンパス)

P2A-10「ビス(ホスファエテニル)ピリジン配位子を有する鉄(I)錯体とπ酸性配位子との反応」
林 雅凡・中島裕美子・小澤文幸

P3C-18「アリールパラジウム錯体によるヘテロアレーン類の直接的アリール化: 反応性支配因子」
中村友紀・脇岡正幸・小澤文幸・榊 茂好


The 25th International Conference on Organometallic Chemistry (September 2-7, Lisbon, Portugal)

O13.4 "Direct Arylation of Heteroarenes with Isolated Arylpalladium Complexes: Kinetics and Mechanism"
Fumiyuki Ozawa, Yuki Nakamura, and Masayuki Wakioka

O15.2 "Highly Electrophilic Cu(I) Complexes Supported by a Bis(Phosphaethenyl)Pyridine Ligand"
Yumiko Nakajima, Yung-Hung Chang, Yu Shiraishi, Takahiro Tsuchimoto, and Fumiyuki Ozawa

PB.44 "Highly Regioregular Synthesis of End-Capped Poly(3-hexylthiophene)s via Palladium-Catalyzed Direct Arylation"
Masayuki Wakioka, Qifeng Wang, Tomoyoshi Taketani, and Fumiyuki Ozawa

PB.134 "N-Alkylation of Primary and Secondary Amines with Alcohols Catalyzed by Bis(phosphaethenyl)pyridine Iridium(I) Complexes"
Yung-Hung Chang, Yumiko Nakajima, and Fumiyuki Ozawa

PB.295 "Synthesis and Properties of Organoiron(I) Complexes Bearing a Bis(phosphaethenyl)pyridine Ligand"
Ya-Fan Lin, Yumiko Nakajima, and Fumiyuki Ozawa


文部科学省 特別経費「統合物質創製化学推進事業」第3回若手研究会 (7月23〜24日、琵琶湖リゾートクラブ)

「低配位リン配位子(BPEP)を有する鉄錯体の合成、構造および反応」
中島裕美子・小澤文幸


The 19th International Congress on Phosphorus Chemistry (July 8-12, Rotterdam, Netherlands)

O35 "Bis(phosphaethenyl)pyridine Complexes of Late Transition Metals. Synthesis, Structures, and Catalysis"
Fumiyuki Ozawa


第39回有機金属化学セミナー (6月22日、キャンパスプラザ京都)

「講習会:有機合成に使える触媒反応:オレフィンメタセシス反応」(依頼講演)
小澤文幸


International Conference on Functional Organic Materials and Related Devices (June 17, Hsinchu, Taiwan)

"Direct Arylation of Heteroarenes with Isolated Arylpalladium Complexes: Kinetics and Mechanism" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa


文部科学省 特別経費「統合物質創製化学推進事業」第3回統合物質シンポジウム (6月1〜2日、九州大学西新プラザ)

「パラジウム触媒によるアレーン類の直接的アリール化: 反応機構および重合反応への応用」
脇岡正幸・小澤文幸


第61回高分子学会年次大会 (5月29〜31日、パシフィコ横浜)

1F10「パラジウム触媒直接的アリール化反応による末端修飾型ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の合成」
脇岡正幸・王 奇峰・竹谷知祥・小澤文幸


The 10th International Conference on Heteroatom Chemistry (ICHAC-10) (May 20-25, Uji)

PA-20 "Direct Arylation of Heteroarenes by Aryl Palladium Complexes: Kinetics and Mechanism"
Masayuki Wakioka, Yuki Nakamura, Qifeng Wang, and Fumiyuki Ozawa

PB-60 "Structures and Reactivity of Ruthenium Complexes Bearing PNP-pincer Type Phosphaalkene Ligands"
Yuki Okamoto, Yumiko Nakajima, and Fumiyuki Ozawa

PB-65 "Synthesis, Structure, and Redox Chemistry of Bis(phospheathenyl)pyridine Iron Complexes"
Yumiko Nakajima and Fumiyuki Ozawa

PB-66 "N-Alkylation of Primary and Secondary Amines with Alcohols Catalyzed by Bis(phosphaethenyl)pyridine Iridium(I) Complexes"
Yung-Hung Chang, Yumiko Nakajima, and Fumiyuki Ozawa


日本化学会第92春季年会 (3月25〜28日、慶応義塾大学日吉・矢上キャンパス)

1S7-04「低配位リン配位子(BPEP)を有する3d金属錯体の合成、構造および反応」
中島裕美子・小澤文幸

1B1-18「ビス(ホスファエテニル)ベンゼン配位子を有する三価ロジウム錯体の合成と反応」
藤井寛之・中島裕美子・小澤文幸

1B1-19「ビス(ホスファエテニル)ピリジン配位子を有するイリジウム(I)を用いたアルコールによるアミン類のN-アルキル化」
張 永宏・中島裕美子・小澤文幸

1J2-40「直接的アリール化反応による末端修飾型ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の合成」
王 奇峰・脇岡正幸・小澤文幸

4G2-30「アリールパラジウムアセテート錯体によるアレーン類の直接的アリール化:芳香族C-H結合反応性の定量化」
中村友紀・脇岡正幸・小澤文幸

4G2-42「カルボン酸によるジアリール白金錯体のPt-C結合切断反応」
日原由博・脇岡正幸・小澤文幸

2011
第111回化学研究所研究発表会 (12月9日、京都大学宇治おうばくプラザ)

「ビス(ホスファエテニル)ピリジン配位子を有する銅(I)錯体の電子的性質」
中島裕美子・白石 悠・土本貴広・小澤文幸

「Synthesis of End-capped Regioregular Poly(3-hexylthiophene) via Direct Arylation」
王 奇峰・脇岡正幸・小澤文幸


International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2011 (C&FC2011) (December 4-8, Nara)

CP-5 "Si-X Bond Cleavage of Silyl Compounds Induced by Electron Deficient Cu(I) Complexes Bearing a Bis(phosphaethenyl)pyridine Ligand"
Yumiko Nakajima, Yu Shiraishi, Takahiro Tsuchimoto, and Fumiyuki Ozawa

CP-23 "Direct Arylation of Thiophenes by Isolated [PdAr(μ-O2CR)(PPh3)]n Complexes: Kinetics and Mechanism"
Masayuki Wakioka, Yuki Nakamura, Qifeng Wang, and Fumiyuki Ozawa


The 15th Korea-Japan Joint Symposium on Organometallic and Coordination Chemistry for Renewable Energy Research (October 6-8, Jeju, Korea)

"Synthesis of Highly Regioregular Poly(3-alkylthiophene)s via Palladium-catalyzed Direct Arylation" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa


5th Pacific Symposium on Radical Chemistry (PSRC-5) (September 25-28, Wakayama)

IL-06 "Electronic Structures of Iron and Cobalt Complexes Bearing a Bis(phosphaethenyl)pyridine Ligand" (招待講演)
Yumiko Nakajima


第108回触媒討論会 (9月20〜22日、北見工業大学)

2E08「C-H結合切断を伴うアリール白金アセテート錯体とアレーン類とのアリール基交換反応」
日原由博・脇岡正幸・小澤文幸

2E09「トリ(o-トリル)ホスフィン配位子を有するアリールパラジウムアセテート錯体のシクロメタル化反応」
脇岡正幸・小澤文幸


第61回錯体化学討論会 (9月17〜19日、岡山理科大学)

1Ac-09「ビス(ホスファエテニル)ピリジン配位子を有する鉄(I)メシチル錯体の合成と反応」
中島裕美子・小澤文幸

1Da-16「パラジウム触媒による2-ブロモチオフェン類の直接重合: C-H結合アリール化反応に及ぼすチオフェン鎖長の効果」
脇岡正幸・中村友紀・王 奇峰・滝田 良・小澤文幸


第58回有機金属化学討論会 (9月7〜9日、名古屋大学東山キャンパス)

O2-02「ビス(ホスファエテニル)ピリジン配位子を持つ銅(I)錯体によるケイ素化合物のSi-X結合切断」
中島裕美子・白石 悠・土本貴大・小澤文幸

P2A-08「PNPピンサー型ホスファアルケン配位子を有するルテニウム錯体の構造と反応性」
岡本雄樹・中島裕美子・小澤文幸

P3A-08「[PdPh(μ-OAc)(PPh3)]2によるチオフェン類の直接的アリール化反応機構」
中村友紀・王 奇峰・滝田 良・脇岡正幸・小澤文幸


文部科学省 特別経費「統合物質創製化学推進事業」第2回若手研究会 (5月27〜28日、休暇村支笏湖)

「ホスフィン配位スチリルパラジウム錯体からのP-C還元的脱離」
脇岡正幸・小澤文幸


日本化学会第91春季年会 (3月26〜29日、神奈川大学)

1A7-36「アリールパラジウ厶アセテート錯体によるチオフェン類のC-H結合切断反応」
中村友紀・王 奇峰・滝田 良・脇岡正幸・小澤文幸

1A7-37「アリールパラジウムアセテート錯体とHerrmann触媒との相互関係」
脇岡正幸・王 奇峰・小澤文幸

1A7-57「ホスフィン配位アリール白金錯体の合成とアレーン類のC-H結合切断反応」
日原由博・脇岡正幸・小澤文幸

3A7-06「ビス(ホスファエテニル)ピリジン配位子を有する鉄(I)アリールおよびアルキル錯体の合成と性質」
中島裕美子・小澤文幸

3A7-30「2,6-ビス(ホスファエテニル)ピリジン配位子を有するルテニウム錯体の合成と構造」
岡本雄樹・中島裕美子・小澤文幸

3PD-034「ビスホスファエテニルピリジン配位子を有する新規鉄錯体反応場の創製 -二酸化炭素活性化を目指して-」
中島裕美子・小澤文幸


The 1st International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis (January 24-25, Sapporo)

"P-C Reductive Elimination from Strylpalladium(II) Phosphine Complexes"
Masayuki Wakioka and Fumiyuki Ozawa

"Head-to-Tail Poly(3-hexylthiophene): Efficient Synthetic Approach and Novel Reaction Mechanism "
Qifeng Wang, Ryo Takita, Yuki Nakamura, Masayuki Wakioka, and Fumiyuki Ozawa

2010
Pacifichem2010 (December 15-20, Honolulu, Hawaii, USA)

"The Structure and Reactivity of Iron(I) Complex Bearing a Bis(phosphaethenyl)pyridine Ligand" (依頼講演; #2-156; 12/15)
Yumiko Nakajima and Fumiyuki Ozawa

"Direct Polymerization of 2-Bromothiophenes Based on Direct Arylation Reaction" (#3-14; 12/17)
Ryo Takita, Qifeng Wang, Yuuta Kikuzaki, Yuki Nakamura, Masayuki Wakioka, and Fumiyuki Ozawa

"P-C Reductive Elimination from Organopalladium(II) Phosphine Complexes" (#2-146; 12/17)
Masayuki Wakioka and Fumiyuki Ozawa

"Coordinatively Unsaturated Phosphaalkene Complexes of 3d Metals" (招待講演; #2-146; 12/18)
Fumiyuki Ozawa and Yumiko Nakajima


第110回化学研究所研究発表会 (12月10日、京都大学宇治おうばくプラザ)

「ビス(ホスファエテニル)ピリジン配位子を有する3d金属錯体の合成と性質」
中島裕美子

「パラジウム触媒による2-ブロモ-3-アルキルチオフェンの脱ハロゲン化水素型重縮合」
脇岡正幸・王 奇峰・菊崎雄太・中村友紀・滝田 良・小澤文幸


第25回有機合成化学研究所講演会 (11月24日、京大・桂ホール)

「パラジウム触媒による2-ブロモ-3-ヘキシルチオフェンの直接重合反応」
小澤文幸


1st International Collaborative and Cooperative Chemistry Symposium (November 15-16, National University of Singapore)

"Catalytic Synthesis of Regioregular Poly(3-alkylthiophene)s via Direct Arylation" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa


Japan-Taiwan Joint Symposium on Innovative Synthesis for New Materials Chemistry (October 3-7, Uji Obaku Plaza, Kyoto University)

"Catalytic Synthesis of Regioregular Poly(3-alkylthiophene)s via Direct Arylation"
Fumiyuki Ozawa, Qifeng Wang, Yuki Nakamura, Masayuki Wakioka, and Ryo Takita


第60回錯体化学討論会 (9月27〜30日、大阪国際交流センター)

3D-08「ホスフィン配位スチリルパラジウム錯体からのP-C還元的脱離の機構論的研究」
脇岡正幸・小澤文幸


第57回有機金属化学討論会 (9月16〜18日、中央大学多摩キャンパス)

O1-06「パラジウム触媒による直接的アリール化反応を基軸とする2-ブロモ-3-アルキルチオフェン類の重合」
滝田 良・王 奇峰・菊崎雄太・中村友紀・脇岡正幸・小澤文幸

P3B-09「ビス(ホスファエテニル)ピリジン配位子を有する配位不飽和銅錯体の合成と性質」
中島裕美子・白石 悠・小澤文幸


The 24th International Conference on Organometallic Chemistry (July 18-23, Taipei, Taiwan)

SY1-04 "Synthesis and Properties of Iron and Cobalt Complexes Bearing A Bis(phosphaethenyl)pyridine Ligand"
Yumiko Nakajima, Taichi Shimizu, and Fumiyuki Ozawa

SY28-03 "Palladium-catalyzed Direct Polymerization of 2-bromothiophenes"
Ryo Takita, Qifeng Wang, Yuuta Kikuzaki, Yuki Nakamura, Masayuki Wakioka, and Fumiyuki Ozawa


筑波大学学際物質科学研究センター・第12回機能性分子シンポジウム (6月25日、筑波大学)

「ホスファアルケン配位錯体の構造と機能」(招待講演)
小澤文幸


名古屋大学大学院工学研究科講演会 (6月11日、名古屋大学)

「低配位リン配位子の創製と応用」(招待講演)
小澤文幸


日本化学会第90春季年会 (3月26〜29日、近畿大学本部キャンパス)

1B2-37「ホスフィン配位スチリルパラジウム錯体からのP-C還元的脱離に及ぼす顕著な置換基効果」
脇岡正幸・小澤文幸

1B2-54「ビスホスファエテニルピリジン配位子を有する銅(I)錯体の合成と性質」
白石 悠・中島裕美子・小澤文幸

2F1-51「直接的アリール化反応を基軸とするポリチオフェン類の合成」
滝田 良・王 奇峰・菊崎雄太・中村友紀・小澤文幸

2G8-11「ポリ(m-フェニレンビニレン)類の光異性化挙動」
脇岡正幸・池上和志・小澤文幸

3B2-37「ビスホスファエテニルピリジン配位子を有するコバルト錯体の合成と反応」
清水太地・中島裕美子・小澤文幸

3B2-42「ビスホスファエテニルピリジン配位子を有する鉄錯体とジアゾメタンの反応」
関戸雅幸・中島裕美子・小澤文幸

3B2-43「バタフライ型四鉄骨格上でのブロモアセチレンと第一級アミンとの反応によるイソニトリルの生成」
土本貴大・高野正人・岡崎雅明・小澤文幸

3B2-44「四鉄骨格に架橋した非平面形カルボカチオン上でのニトリルの活性化」
宮城一貴・高野正人・岡崎雅明・小澤文幸


Visiting Scholar Program (3月17〜19日、香港中文大学)

"Synthesis, Structures, and Properties of Phosphaalkene Complexes" (招待講演)
"Cross-Coupling Routes to π-Conjugated Polymers" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa


静岡大学サイエンス月間 気鋭若手研究者によるワークショップ
「元素は踊る!錯体化学と有機元素化学のニューフロンティア」(3月5日、静岡大学理学部)


「ビス(ホスファエテニル)ピリジン配位子を有する3d金属錯体の創製」(依頼講演)
中島裕美子


特定領域研究「元素相乗系化合物の化学」第5回公開シンポジウム (3月8〜9日、京都大学宇治おうばくプラザ)

「ホスファアルケン配位子を有する遷移金属錯体の化学」
小澤文幸


学術創成研究・グローバルCOE 第6回有機元素化学セミナー (2月19日、京都大学宇治おうばくプラザ)

「ビス(ホスファエテニル)ホスファアルケン配位子を有する3d金属錯体の創製」(依頼講演)
中島裕美子


The 3rd International Conference on Joint Project of Chemical Synthesis Core Research Institutions (January 7-8, Nagoya)

"Novel Copper(I) Complex bearing Bis(phosphaethenyl)pyridine Ligand"
Yu Shiraishi, Yumiko Nakajima, and Fumiyuki Ozawa

"Generation and Reactivities of Non-Planar Carbocations on the Tetrairon Cores"
Masaaki Okazaki, Kazuki Miyagi, Masato Takano, and Fumiyuki Ozawa


宮浦憲夫先生退職記念シンポジウム (1月8日、北海道大学学術交流会館)

「ホスファアルケン配位錯体の構造と機能」(招待講演)
小澤文幸

2009
第109回化学研究所研究発表会 (12月4日、京都大学宇治おうばくプラザ)

「ホスフィン配位スチリルパラジウム錯体からのP-C還元的脱離反応機構」
脇岡正幸・中島裕美子・小澤文幸


The 11th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-11) (November 9-13, Kyoto)

"Homo-coupling Process of Styryl Bromide Induced by P-C Reductive Elimination"
Masayuki Wakioka, Masato Nagao, Yumiko Nakajima, and Fumiyuki Ozawa


東京工業大学 応用化学専攻セミナー (10月30日、東京工業大学)

「ホスファアルケン配位子を有する遷移金属錯体の化学」(依頼講演)
中島裕美子


2009 Workshop on Organometallic Chemistry (October 28, Hakata)

"P-C Reductive Elimination from Palladium(II) Phosphine Complexes"
Fumiyuki Ozawa, Masayuki Wakioka, and Yumiko Nakajima


The 14th Japan-Korea Joint Symposium on Organometallic and Coordination Chemistry (October 9, Nagoya)

"Synthesis and Properties of Bis(phosphaethenyl)pyridine Iron Complexes" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa, and Yumiko Nakajima


NSYU-KU Bilateral Symposium on Materials Chemistry (September 23, Kaohsiung, Taiwan)

"Synthesis and Properties of Bis(phosphaethenyl)pyridine Iron Complexes"
Yumiko Nakajima

"Synthesis and Properties of All-cis Poly(arylene vinylene)s"
Fumiyuki Ozawa, and Ryo Takita


第56回有機金属化学討論会 (9月9〜11日、同志社大学今出川キャンパス)

O2-11「ビス(ホスファエテニル)ピリジン配位子を有する鉄錯体の合成と性質」
中島裕美子・小澤文幸

P2A-22「ホスフィン配位スチリルパラジウム錯体からのP-C還元的脱離反応機構」
脇岡正幸・中島裕美子・小澤文幸

P3B-05「四鉄骨格上での非平面型カルボカチオンの発生と性質」
岡崎雅明・宮城一貴・高野正人・小澤文幸


15th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed towards Organic Synthesis (OMCOS 15) (July 26-30, Glasgow, UK)

P-256 "A New Entry in Palladium-Catalyzed Direct Arylation of Heteroarenes"
Ryo Takita, Daichi Fujita, and Fumiyuki Ozawa


特定領域研究「実在系の分子理論」第4回公開シンポジウム (5月30〜31日、東京大学本郷キャンパス)

「ビス(ホスファエテニル)ピリジン配位子を有する鉄錯体の合成と電子構造」
中島裕美子


第12回理論化学討論会 (5月28〜30日、東京大学本郷キャンパス)

2P08「ビス(ホスファエテニル)ピリジン配位子を有する鉄錯体の合成と電子構造」
中島裕美子・小澤文幸


特定領域研究「元素相乗系化合物の化学」第5回若手コロキウム (4月16〜17日、高崎はまゆう山荘)

「低配位リン化合物を支持配位子とする鉄錯体の合成と電子構造」(依頼講演)
中島裕美子


日本化学会第89春季年会 (3月27〜30日、日本大学船橋キャンパス)

1K4-54「ジホスファエテニルピリジル配位子を有する鉄錯体とその還元挙動」
中島裕美子・小澤文幸

2K4-25「クロロアセチレンが架橋した四鉄クラスターの合成と性質」
宮城一貴・岡崎雅明・小澤文幸

3K4-43「π-アリルパラジウム錯体の反応性に及ぼすジホスフィニデンシクロブテンの特異的な配位子効果」
中島裕美子・木村哲也・小澤文幸

3K4-45「([Pd(styryl)Br(PR3)2]錯体のP-C還元的脱離反応に関する機構論的研究」
脇岡正幸・中島裕美子・小澤文幸

4F1-11「ヘテロ芳香族化合物の直接的アリール化反応の開発」
滝田 良・藤田大地・小澤文幸

4K4-16「ジホスフィニデンシクロブテン配位子を有する拡張π共役系白金錯体の合成と性質」
白石 悠・滝田 良・中島裕美子・小澤文幸

4C1-44「チオフェン骨格を有するall-cisポリ(アリーレン ビニレン)の合成とその特性」
菊崎雄太・山本康貴・脇岡正幸・滝田 良・小澤文幸・中村潤一・飯田俊哉


学術創成研究・グローバルCOE 第5回有機元素化学セミナー (2月19日、京都大学化学研究所)

「チオフェン骨格を基盤とする機能性高分子及び直接的アリール化反応の開発」(依頼講演)
滝田 良


大学間連携事業・第4回物質合成シンポジウム (1月23〜24日、名古屋大学野依記念物質科学研究館)

「チオフェン骨格を有するall-cisポリ(アリーレン ビニレン)の合成とその特性」
滝田 良・山本康貴・菊崎雄太・脇岡正幸・中村潤一・飯田俊哉・小澤文幸

「ビスホスファエテニルピリジン配位子を有する鉄錯体の合成とその還元反応」
中島裕美子・小澤文幸

2008
東京工業大学学術講演会 (12月19日、東京工業大学大岡山キャンパス)

「新規オレフィン重合反応を指向した希土類金属錯体の精密設計」(依頼講演)
中島裕美子


特定領域研究「実存系の分子理論」成果報告会 (12月16〜18日、北海道大学学術交流会館)

「ホスファアルケンを支持配位子とする遷移金属錯体の創製と新規触媒反応への応用」(依頼講演)
中島裕美子・小澤文幸


第108回化学研究所研究発表会 (12月5日、京都大学化学研究所)

「チオフェン骨格を有するall-cisポリ(アリーレン ビニレン)の合成とその特性」
滝田 良

「ホスファアルケン系を支持配位子とする遷移金属錯体の創製と性質」
中島裕美子・小澤文幸


特定領域研究「協奏機能触媒」第5回公開シンポジウム (12月2〜3日、大阪大学基礎工学部国際棟)

「多金属骨格上での非平面型カルボカチオンの発生と反応性」
岡崎雅明


China-Japan Joint Workshop on Organometallic Chemistry (October 9, Beijing, China)

"P-C Reductive Elimination from [Pd(styryl)Br(PR3)2] Complexes"
Masayuki Wakioka, Yumiko Nakajima, and Fumiyuki Ozawa


第55回有機金属化学討論会 (9月28〜30日、大阪府立大学)

P3A-09「ヘテロ芳香族化合物の直接的アリール化反応と直接的重合反応の開発」
滝田 良・小澤文幸

P3A-10「[Pd(styryl)Br(PR3)2]錯体からのP-C還元的脱離反応」
脇岡正幸・中島裕美子・小澤文幸

P3B-24「ジホスフィニデンシクロブテン配位子(DPCB)を有する低原子価ロジウム錯体の合成と構造」
岡崎雅明・林 昭人・小澤文幸

O2-13「ルテニウムおよびオスミウムを含む三核ポリヒドリドクラスター錯体を用いたアンモニアの活性化」
亀尾 肇・中島裕美子・鈴木寛治


第102回触媒討論会 (9月23〜26日、名古屋大学)

4K-13「鈴木-宮浦カップリング型重縮合によるall-trans ポリ(フェニレン ビニレン) の立体制御合成」
脇岡正幸・山本康貴・武藤雄一郎・小澤文幸


第58回錯体化学討論会 (9月20〜22日、金沢大学)

1PD-003「マレイミド基をLinkerとして有する[4Fe-4C]クラスターの合成とタンパク質の複合化」
岡崎雅明・三原久明・高野正人・秀瀬涼太・小澤文幸・江崎信芳


International Symposium on Molecular Theory for Real Systems (August 4-6, Institute for Molecular Science, Okazaki)

"Theoretical Study on Hydroamination on a Palladium(allyl) Complex; an Intrinsic Property of a Diphosphinidenecyclobutene Ligand"
Yumiko Nakajima, and Fumiyuki Ozawa


38th International Conference on Coordination Chemistry (July 20-25, Jerusalem, Israel)

"Electron-Induced Dynamic Behavior of [4Fe-4C] Cluster Core"
Masaaki Okazaki, Masato Takano, Ken-ichi Yoshimura, and Fumiyuki Ozawa


The 23rd International Conference on Organometallic Chemistry (July 13-18, Rennes, France)

P259 "Novel Homo-coupling Process of Styryl Bromide Induced by P-C Reductive Elimination"
Masayuki Wakioka, Masato Nagao, and Fumiyuki Ozawa

P332 "Synthesis and Properties of All-cis Poly(arylene vinylene)s Containing Thiophene Cores"
Ryo Takita, Fumiyuki Ozawa, Yasutaka Yamamoto, Masayuki Wakioka, Jun-ichi Nakamura, and Toshiya Iida

P821 "Rare-earth Metal/Platinum Heterobinuclear Complexes: Synthesis and Reactivity Investigation"
Yumiko Nakajima, and Zhaomin Hou
Poster Prize ICOMC 2008


International Symposium on Chemistry of Concerto Catalysis Based on Synergy of Elements (July 12, Rennes, France)

"Catalytic Applications of Transition Metal Complexes Bearing Diphosphinedenecyclobutenes (DPCB-Y)" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa


International Symposium on Creation and Control of Advanced Selective Catalysis as the Celebration of 50th Anniversary of the Catalysis Society of Japan (ICC 14 Pre-Symposium) (July 8-12, Kyoto)

"Synthesis, Property, and Structure of Transition-Metal Complexes Possessing Redox-Active Phosphine-Ancillary Ligands"
Masaaki Okazaki, Ken-ichi Yoshimura, Masato Takano, and Fumiyuki Ozawa

"Novel Homo-coupling Process of Styryl Bromide Induced by P-C Reductive Elimination"
Masayuki Wakioka, Masato Nagao, Fumiyuki Ozawa


第41回有機金属若手の会 夏の学校 (7月7〜9日、シーパル須磨)

「チオフェン骨格を基盤とする機能性高分子及び直接的アリール化反応の開発」
滝田 良


特定領域研究「協奏機能触媒」第2回国際シンポジウム (4月18〜19日、東京大学小柴ホール)

"Design of Novel Catalysts Based on Functionalized Tetrametallic Cores"
Masaaki Okazaki, Masato Takano, Ken-ichi Yoshimura, and Fumiyuki Ozawa


日本化学会第88春季年会 (3月26〜30日、立教大学)

3F1-26「光不溶化可能な all-cis ポリ(チエニレン ビニレン) 類の合成と特性」
山本康貴・脇岡正幸・滝田 良・小澤文幸・中村潤一・飯田俊哉

4E4-49「ブロモアセチレン架橋四鉄クラスターとアニリンとの反応によるキュバン型フェニルイソシアニドクラスターの合成と構造」
岡崎雅明・高野正人・小澤文幸

4E8-54「(E)-β-ブロモスチレンとアリールボロン酸の鈴木−宮浦カップリング反応:trans-ポリ(フェニレンビニレン)の立体制御合成への応用」
脇岡正幸・小澤文幸

5E8-11「ジホスフィニデンシクロブタ[l]フェナントレンを有する拡張型π共役系白金錯体の合成と性質」
林 昭人・林 恭平・白石 悠・高野正人・滝田 良・岡崎雅明・小澤文幸


大学間連携事業・第3回物質合成シンポジウム (3月15〜16日、九州大学百年講堂およびコラボステーションII)

「all-cis ポリ(アリーレン ビニレン) の合成と光化学的挙動」
小澤文幸

「拡張π共役型白金錯体の合成と性質」
林 恭平・高野正人・岡崎雅明・小澤文幸

「遷移金属クラスターとバイオ分子の複合化による新規機能性分子の構築」
岡崎雅明・三原久明・高野正人・秀瀬涼太・小澤文幸・江崎信芳


平成19年度有機合成研究所産学共同セミナー (1月17日、京都大学)

「all-cis ポリ(アリーレンビニレン):その合成と特異な光化学的性質」(依頼講演)
小澤文幸


平成19年度資源化学研究所講演会 (1月11日、東京工業大学)

「all-cis ポリ(アリーレンビニレン):合成と光化学的特性」(招待講演)
小澤文幸

2007
The 10th Pacific Polymer Conference (PPC 10) (December 4-7, Kobe International Conference Center)

6P1G1-078b "Stereocontrolled Synthesis of All-cis Poly(arylene vinylene)s: Effects of Primary Structures on Photo-Induced Insolubilization in Thin Films"
Yasutaka Yamamoto, Masayuki Wakioka, Yuichiro Mutoh, Ryo Takita, Hiroyuki Katayama and Fumiyuki Ozawa
2007 The Pacific Polymer Federation, Young Scientist Poster Award


大学間連携事業・第4回物質合成フォーラム (11月17〜18日、岡崎分子科学研究所)

"Platinum(0) Alkyne Complexes with an Extended pi-Electron System"
Fumiyuki Ozawa, Kyohei Hayashi, Mitsuharu Nakatani, Masato Takano, and Masaaki Okazaki

"Synthesis and Property of Redox-active Phosphine Ancillary Ligands Having [4Fe-4C] Cluster Cores"
Masaaki Okazaki, Ken-ichi Yoshimura, Masato Takano, and Fumiyuki Ozawa


The 1st International Symposium on Synergy of Elements (11月12〜13日、東京工業大学)

"Platinum(0) Alkyne Complexes with an Extended pi-Electron System"
Kyohei Hayashi, Masato Takano, Masaaki Okazaki, and Fumiyuki Ozawa


2007 Workshop on Organometallic Chemistry (11月8〜9日、理化学研究所)

"Platinum(0) Alkyne Complexes with an Extended pi-Electron System"
Fumiyuki Ozawa, Kyohei Hayashi, Masato Takano, and Masaaki Okazaki

"A Novel Homo-Coupling Process Induced by P-C Reductive Elimination"
Masayuki Wakioka, Masato Nagao, and Fumiyuki Ozawa


第54回有機金属化学討論会 (10月27〜28日、広島大学東広島キャンパス)

A207「C-P還元的脱離により誘起されるβ-ブロモスチレンの特異なホモカップリング過程」
脇岡正幸・長尾将人・小澤文幸

PA225「Fe4C4骨格を置換基とするレドックス活性なリン配位子. パラジウムおよび白金との錯形成反応」
岡崎雅明・吉村健一・高野正人・小澤文幸

PA230「ジホスフィニデンシクロブテン配位子(DPCB-Y)を有するルテニウム錯体の合成と反応」
林 昭人・吉富隆彦・岡崎雅明・小澤文幸


第57回錯体化学討論会 (9月25〜27日、名古屋工業大学)

S3-1「四鉄−四炭素骨格を用いた機能性分子の構築」(依頼講演)
岡崎雅明

2PD009「含窒素官能基を導入した四鉄−四炭素クラスターの合成と性質」
高野正人・岡崎雅明・小澤文幸


第100回触媒討論会 (9月17〜20日、札幌コンベンションセンター及び北海道大学)

4J30「レドックス活性な[4Fe-4C]骨格を置換基としてもつホスフィン配位子の創製」
岡崎雅明・吉村健一・高野正人・小澤文幸


第56回高分子討論会 (9月19〜21日、名古屋工業大学)

2Pb006「主鎖にチオフェン環を有する all-cis ポリ(アリーレン ビニレン) の合成と特性」
山本康貴・脇岡正幸・滝田 良・小澤文幸・中村潤一・飯田俊哉


第40回有機金属若手の会 夏の学校 (7月9〜11日、つくばグランドホテル)

PL-3「遷移金属触媒を用いる all-cis PAV の立体制御合成」(特別講演)
小澤文幸


第56回高分子学会年次大会 (5月29〜31日、国立京都国際会館)

1Pf012「鈴木−宮浦クロスカップリング型重縮合によるcis-ポリ(m-フェニレンビニレン)類の立体制御合成−構造と光化学的挙動」
脇岡正幸・片山博之・小澤文幸


日本化学会第87春季年会 (3月25〜28日、関西大学千里山キャンパス)

1M1-40「ポリ(m-フェニレンビニレン) の光化学的挙動」
山本康貴・脇岡正幸・武藤雄一郎・片山博之・小澤文幸

2L2-07「レドックスに応答した四鉄-四炭素クラスターの構造異性化」
高野正人・吉村健一・岡崎雅明・小澤文幸

2L2-08「レドックス活性な四鉄骨格を有する三級ホスフィンの合成と性質」
吉村健一・高野正人・岡崎雅明・小澤文幸

2L4-16「cis-ポリ(m-フェニレンビニレン)類の立体制御合成と構造解析」
脇岡正幸・片山博之・小澤文幸

2R1-30「ホスファエテニル基を有する光学活性フェロセニルホスフィンの合成とパラジウム触媒反応への応用」
高田有子・ジェンセンレイダー・小澤文幸

3S3-04「低配位リン化合物が創る新しい遷移金属錯体反応場」(特別講演)
小澤文幸


特定領域研究「元素相乗系化合物の化学」第1回若手コロキウム「元素相乗系化学との遭遇」 (3月8〜9日、福岡海の中道ホテル)

「[4Fe-4C]骨格の構造変化を利用した機能性分子の構築」(依頼講演)
岡崎雅明

2006
近畿化学協会ヘテロ原子部会 第3回懇話会 (12月12日、大阪科学技術センター)

「高周期典型元素の特性を活かした遷移金属触媒反応」(招待講演)
小澤文幸


The Chemistry Research Promotion Center Lectureship (11月8〜10日、台湾・化学研究所・国立清華大学・国立台湾大学)

"Highly Active Catalysts bearing Diphosphinidenecyclobutene Ligands (DPCB)" (招待講演)
"Stereocontrolled Synthesis and Optical Properties of All-cis Poly(arylene vinylene)s" (招待講演)
Fumiyuki Ozawa


2006 Workshop on Organometallic Chemistry (12月1〜2日、京都大学化学研究所)

"Introduction of Functional Groups onto the Fe4C4 Clusters" (依頼講演)
Masaaki Okazaki


21世紀COE「京都大学化学連携研究教育拠点」第3回有機元素化学セミナー (10月26日、京都大学化学研究所)

「四鉄−四炭素クラスターへの官能基導入法に関する研究 −遷移金属クラスターを核とする機能発現を目指して−」(依頼講演)
岡崎雅明


理研シンポジウム 第3回有機金属化学の最前線 (10月6日、理化学研究所)

「ジホスフィニデンシクロブテン配位錯体:その特異な構造と触媒作用」(招待講演)
小澤文幸


第98回触媒討論会 (9月26〜29日、富山国際会議場および富山大学)

4J23「DPCB配位子をもつカチオン性パラジウムおよびロジウム錯体の合成と反応」
Rader S. Jensen・梅田和俊・小澤文幸・岡崎雅明・吉藤正明


第55回高分子討論会 (9月20〜22日、富山大学)

1Pf034「ポリ(フェニレンビニレン)の光不溶化に及ぼす一次構造の効果」
山本康貴・武藤雄一郎・長尾将人・片山博之・小澤文幸

2Pb022「クロスカップリング型重縮合による cis- および trans-ポリ(m-フェニレンビニレン)の立体制御合成−構造と光化学的挙動」
脇岡正幸・片山博之・小澤文幸


第56回錯体化学討論会 (9月16〜18日、広島大学)

2PA105「酸化還元に伴う四鉄-四炭素クラスターの可逆的骨格構造変化」
高野正人・吉村健一・岡崎雅明・小澤文幸・飛田博実


第53回有機金属化学討論会 (9月15〜16日、大阪市立大学)

PA129「ハロアセチレンおよびジハロアセチレンが配位した四鉄クラスターの合成と求核剤に対する反応性」
吉村健一・上平晃聖・高野正人・岡崎雅明・小澤文幸

PA209「ジホスフィニデンシクロブテン配位子 (DPCB) を有するヒドロキソ架橋ロジウム二核錯体の合成と反応」
林 昭人・武藤雄一郎・岡崎雅明・小澤文幸

PA227「ジホスフィニデンシクロブテン配位子を用いた拡張 π 共役系白金(0)錯体の合成と性質」
林 恭平・中谷充晴・岡崎雅明・小澤文幸・中村光武・川崎 統・豊田耕三・吉藤正明


XII International Conference on Organometallic Chemistry (23-28 July 2006, Universidad de Zaragoza, Spain)

O14 "π -Conjugated Organometallic Complexes with Highly Efficient dπ -pπ Interaction between Platinum and sp2-Hybridyzed Phosphorus Ligand"
Fumiyuki Ozawa, Kyohei Hayashi, Mitsuharu Nakatani, Masaaki Okazaki, Kozo Toyota, and Masaaki Yoshifuji


第33回有機金属化学セミナー(6月15日、キャンパスプラザ京都)

「オレフィンメタセシス反応」
小澤文幸


第55回高分子学会年次大会 (5月24日〜26日、名古屋国際会議場)

1D13「クロスカップリング型重縮合による cis- および trans- ポリ(m-フェニレンビニレン) の立体制御合成」
脇岡正幸・片山博之・小澤文幸


日本化学会第86春季年会(3月27〜30日、日本大学)

2C2-46「ポリ(フェニレンビニレン) の構造制御合成と光化学的挙動」
武藤雄一郎・山本康貴・長尾将人・片山博之・小澤文幸

2F3-16「ジホスフィニデンシクロブテン配位子 (DPCB) を有するヒドリドロジウム錯体の合成と性質」
林 昭人・岡崎雅明・小澤文幸

2F4-32「ジホスフィニデンシクロブテン配位子をもつカチオン性パラジウムおよびロジウム錯体の合成」
ジェンセンレイダー・梅田和俊・豊田耕三・岡崎雅明・吉藤正明・小澤文幸

2F4-35「ジホスフィニデンシクロブテン配位子を有するクロロ架橋ルテニウム二核錯体と ヒドロシランとの反応によるヒドリドルテニウム錯体の合成と性質」
吉富隆彦・岡崎雅明・小澤文幸

4F5-15「ジホスフィニデンシクロブタ[l]フェナントレン配位子 (DPCB-phen) を有する トラン−白金(0)錯体の合成と性質」
林 恭平・中谷充晴・岡崎雅明・小澤文幸・中村光武・川崎 統・豊田耕三・吉藤正明

2005
2005環太平洋国際化学会議 (PACIFICHEM 2005) (December 15-20, Honolulu, USA)

58 "Ethynyl cation on the butterfly-type tetrairon core"
Masaaki Okazaki, Masato Takano, Ken-ichi Yoshimura, Hiromi Tobita, and Fumiyuki Ozawa

325 "Alkyne-insertion into cis-Pt(ER3)(SnMe3)L2 complexes (E = Si, Ge)"
Fumiyuki Ozawa

511 "C-O and C-N bond cleavage promoted by diphosphinidenecyclobutene palladium complexes"
Hiromi Murakami, Hiroyuki Katayama, and Fumiyuki Ozawa

987 "Palladium-catalyzed polycondensation of dicarboxylic acids with arenediboronic acids as a new entry to aromatic polyketones"
Masayuki Wakioka, Hiroyuki Katayama, Fumiyuki Ozawa, and Akio Yamamoto

1022 "Highly active catalysts bearing diphosphinidenecyclobutene ligands"
Fumiyuki Ozawa

1149 "Low-coordinated diphosphinidenecyclobutene ligands: A new entry for Stille cross-coupling and cyanation of aryl bromides"
Rader S. Jensen, Anil S. Gajare, Kozo Toyota, Masaaki Yoshifuji, and Fumiyuki Ozawa

1282 "Synthesis and properties of telluroamides"
Yuichiro Mutoh, Toshiaki Murai


第52回有機金属化学討論会(9月15〜16日、同志社大学)

B111「DPCB配位ルテニウム触媒によるジエチニルアレーンの(Z,Z)-選択的二重ヒドロシリル化反応: オリゴ(アリーレンビニレン)の立体制御合成への応用」
長尾将人・浅野公洋・片山博之・小澤文幸

PB120 「パラジウム・ジホスフィニデンシクロブテン触媒を用いた臭化アリールのシアン化反応」
ジェンセン レイダー・ガズレ アニル・豊田耕三・吉藤正明・小澤文幸

PA215「ハロアセチレン四鉄クラスターの系統的合成と反応性」
吉村健一・高野正人・岡崎雅明・小澤文幸


第96回触媒討論会(9月20〜23日、熊本大学)

4K13「ルテニウム触媒によるヒドロシリル化反応を鍵とする(E)-および(Z)-ブロモアルケンの高選択的合成」
長尾将人・片山博之・小澤文幸

4K14「DPCB配位パラジウム錯体を用いた活性メチレン化合物とcis-2-ブテン-1,4-ジオールとの脱水縮合反応」
村上博美・松井佑紀男・小澤文幸


第54回高分子討論会(9月20〜22日、山形大学)

2Pc015「パラジウム触媒による有機ジボロン酸とジカルボン酸の重縮合−ポリケトンの新規合成法」
脇岡正幸・片山博之・小澤文幸・山本明夫


The 8th SPSJ International Polymer Conference (IPC2005) (July 26-29, 2005, Fukuoka)

27B03 "Stereocontrolled Synthesis and Optical Properties of All-cis Poly(phenylene vinylene)s (PPVs): A Novel Method for Direct Patterning of PPVs"
Hiroyuki Katayama, Masato Nagao, Tatsuro Nishimura, Yukio Matsui, Kazutoshi Umeda, Kensuke Akamatsu, Takaaki Tsuruoka, Hidemi Nawafune, Fumiyuki Ozawa


第38回有機金属若手の会 夏の学校(7月11日〜13日、山中湖畔荘)

「四鉄カルボニルキュバン型クラスターとLiAlH4との反応」
岡崎雅明


第32回有機金属化学セミナー(6月17日、キャンパスプラザ京都)

「オレフィンメタセシス反応」
小澤文幸


有機化学研究会(白鷺セミナー)(6月28日、大阪府立大学)

「四鉄クラスター上での炭素−炭素結合生成および開裂反応」
岡崎雅明


日本化学会第85春季年会(3月26〜29日、神奈川大学)

1C4-51「DPCB配位子を有するヒドロキソ架橋ロジウム二核錯体の合成と反応性」
林 昭人・梅田和俊・岡崎雅明・小澤文幸

3C4-14「DPCB配位ルテニウム触媒による末端アルキンのヒドロシリル化反応を鍵とする (Z)-ブロモアルケンの高選択的合成」
長尾将人・渡辺恵美子・浅野公洋・片山博之・小澤文幸

4C4-01「有機ジボロン酸とジカルボン酸とのパラジウム触媒重縮合によるポリケトンの合成」
脇岡正幸・片山博之・小澤文幸・山本明夫

4C4-10「14 族元素−白金結合へのアルキン挿入反応」(BCSJ 賞受賞講演)
佐川貴志・田中里佳・小澤文幸

4C4-14「DPCB パラジウム錯体によるアリル−窒素結合の切断」
村上博美・片山博之・小澤文幸

4C4-15「(E)- および (Z)-スチリルパラジウム(II) 錯体の熱分解挙動」
長尾将人・片山博之・小澤文幸

1B7-49「Z-オリゴ(p-フェニレンビニレン) 類の光異性化反応」
池上和志・新井達郎・片山博之・小澤文幸

3B6-15「ジホスフィニデンシクロブテン配位子を用いた、臭化アリールの Stille クロスカップリング反応」
Rader S. Jensen・Anil S. Gajare・豊田耕三・吉藤正明・小澤文幸


第3回資源化学研究所フォーラム(3月10日、東京工業大学)

「π共役系分子の立体制御合成と新機能発現」
片山博之


分子研研究会「錯体化学に基づく分子機能開発最前線」(3月7〜9日、岡崎ニューグランド ホテル、愛知県岡崎市)

「四鉄骨格に架橋配位した炭素フラグメントの化学」
岡崎雅明


The 4th International Symposium of the Kyoto COE Project "Elements Science" (January 6-7, Kyoto)

R3 "Stereocontrolled Synthesis of All-cis Poly(phenylene vinylene)s (PPVs): A Novel Method For Direct Micropatterning of PPVs"
Fumiyuki Ozawa

P38 "(Z)-Selective Cross-Dimerization of Arylacetylenes with Silylacetylenes Catalyzed by Vinylideneruthenium Complexes"
Hiroyuki Katayama, Fumiyuki Ozawa

P39 "Synthesis and Property of Phosphasilaferracyclopropane"
Masaaki Okazaki, Hiromi Tobita